読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのおと

自然のおと、くらしのおと、感じること、表現すること。津屋崎という場所。

風のおと、波のおと、草花がゆれるおと、くらしのおと…津屋崎という土地で感じています。
感じたおとを表現すると、どういうかたちになるんだろう。
ゆるりと少しづつ始めていきます。

独り

独りだなって思う

寂しさとかでなく、

この世界に置かれた独りなんだなって。

 

家族は、家族であるけど、私ではない。

家族という枠組みでとらえてなくて、個としてとらえていて、それは赤ちゃんでも、大人でも、高齢者でも、同じ。

 

そういう心の感覚。

 

私は、自分勝手に生きれるために家族をもっているかもしれない。

家族となると突然窮屈に感じていたり、だけど、人生を終えるまで独りでいれるか自信は、ないかもしれない、もう何がいいたいんだか。笑

偏屈で貧弱な人間なんだろうな、私。

 

それが良いとか悪いとか、共感とか嫌悪感とか、そういう話でもなく。

それぞれ家族があり、家族のありかもそれぞれなんだけど、家族ってなんだろって思うこの年末。

 

そして届いてて読めずにいたこの本。

まだまだ死というものと向き合えていないのに。

f:id:d-oto:20161224085350j:image

この本読みながら年越ししそうです。

死も生も、尊いこと。

 

宮地浜のグラマーカフェ

最近、セカンドオフィスのようにコーヒー飲みながら仕事をしている

宮地浜海岸のほど近くにあるグラマーカフェのショップカードデザインしました。

サーファーショップだけど、Leytons Coffee Roaster(福岡市・大橋)でグラマーカフェ専用に調合したオリジナルブレンド豆を使って、好みに合わせてドリップしてくれます。コーヒーにも詳しいサーファーでもあるオーナーさんです。気さくな方です。

f:id:d-oto:20161226213519j:image

 

アパレルとカフェをセパレートにした店舗リニューアルが終わってたから、ふらっとコーヒー飲みに行ったとき、PC開いてポチポチしてたら

「もみいさんって、PC使う仕事なの?」「グラフィックデザインの仕事してるんですよ」というやりとりがきっかけで、デザインすることになりました。嬉しい♪

 

いろいろ話を聞き、オシャレすぎないデザインで、ということで笑

メニュー面はPOPに、ビジュアル面はインスタ宣伝かねてお店のイメージをデザインしました。風合いのあるビレッジという紙を使ってます。

 

コーヒー1杯で仕事が発生して、ちゃんとデザインの価値をわかってくれて対価をいただき、仕上がりに満足してくれて、ほんとに嬉しい受注でした。

 

ショップカードで、まずはお店に興味をもって行ってみようかな、という気持ちになってくれると良いなぁ。

火曜日以外は年末年始も営業しているので、ぜひ足を運んでみてください♪

▼HPはこちら

カフェ | 福岡県福津市カフェ&セレクトサーフショップGLAMOUR(グラマー)

 

▼インスタはこちら

www.instagram.com

今日のこの日

街が、世界が、浮き足立つこの日。

きらびやかで

幸せそうで

輝いている。

 

人々は大切な人と心満たされる

子どもたちは胸を弾ませる

 

無関係な顔をして一人過ごしていても

誰かに想いを馳せる。

今日のこの日は、優しさに包まれたい。

 

愛だなんてよくわからないけど、

きれいごとのように感じるけど、

今日のこの日は、愛をうたおう。

きっと自分が思ってる以上に、愛は身近にあると信じていたい。

 

その愛に感謝を。

愛にあふれた世界に祈りを。

 

メリークリスマス。

 

残すと残る

手元に残すよりも、手放す方が多い。

昨日のことも、手放すことから始まる今日。

手元に残すものは、少しだけ。

残るものも、少しだけ。

少しだけが、日々を集める。

==========

SUPでお世話になった宮地浜海岸近くのグラマーカフェへ。

深煎り珈琲と手作りマフィン。

津屋崎の古民家もステキだけど、スタイリッシュな空間に気分が変わる。単純な私。

f:id:d-oto:20161221143814j:image

 

今年も、残りあと10日。年が変わる。

何かが変わる実感は薄いけれど、津屋崎にきてから、季節を感じることが出来ている。

 

12月はクリスマスよりも、餅つきマンス。

つき手のおとに、返し手のおと。おとが交わる。

町におとが広がっていく。

私には、まだまだ新鮮なこの光景は、そのうち定着するのかな…

 

きっと残しておきたいもののひとつ。

 

幻想

幻想だった

全ては、幻想だった

 

長かった暑い夏が、ようやく秋を連れてきたかと思うと、瞬く間に冬がやってくる。

短い秋の夕暮れを思い返しては

冬の儚さに想いを留める。

 

人々は幻想を纏っている。

そう、

全ては、幻想だった

 

 

 

繋いでいくおと

エネルギーの根源のような

どこか懐かしく愛おしいような

 

そのおとを

繋いでいく

 

軸のあるそのおとを

繋いでいく

 

きっと理由なんてなくて

役割なのだ

 

長く、長く、繋いでいく

 

そのおとが在り続けること

 

そこに在るそのおとを、美しく思う

そのおとを、大切に思う

 

これからに繋いでいく

 

そう在り続けたい

 

ゆるりと一歩、月一展覧会

感じたおとを表現する、かたちにする、を

ゆるりと一歩踏み出しました。

 

津屋崎ブランチのシェアオフィスつながりのイラストレーター Naoko BMさんが、

津屋崎千軒にある『日替わりカフェ&ギャラリー』で、新作を毎月一回展示するという展覧会をしています。

人知れずしています。笑。

 

今月から私も出展(便乗?)することになりました。お誘いありがたし!

『デザインのおと』として、もそもそと手探りしてかたちにしていた作品。

 

[雨粒のおと]

f:id:d-oto:20161206192608j:image

 

全貌の写真はないけど、

お昼にはちょうど太陽の光があたって、手前のまるっこいモノの影が投影されて、

実は、ステキだったりする。

 

手前のまるっこいモノが、少し揺れ動いてて欲しいから吊し方を工夫がいるなぁ、とか、数増やしてもうるさくないな、とか、展示するといろんな気づきが多くて、それがすごく楽しかった。

 

なんだか初っぱなから完成形を披露できない私だけど、やりながら掴んでいこう作戦で、ゆるりゆるり、と、ね。

 

来月の1/17(火)は、気づきをふまえた[雨粒のおと vol.2]を展示予定。

毎週火曜日は、ざっか+カフェ 萃sui さんの優しい味の美味しいミニランチやおやつ、手作り小物があります。
食べにくるついでにでも、作品を見にきてくださいね。

Naokoさんのイラストもステキだし、新しく参加するイラストレーターさんの作品展示もあります。

 

▼日替わりカフェ&ギャラリー 古小路

http://www.kosyouji.com/

 

とても雰囲気の良い元たばこ屋さんの古民家です。