読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのおと

自然のおと、くらしのおと、感じること、表現すること。津屋崎という場所。

風のおと、波のおと、草花がゆれるおと、くらしのおと…津屋崎という土地で感じています。
感じたおとを表現すると、どういうかたちになるんだろう。
ゆるりと少しづつ始めていきます。

ゴトゴト揺れるおと

自然のおと、くらしのおと

久しぶりに電車に乗った。

自分で運転する車と違って、連れて行ってもらう感じが良い。

ゴトゴト揺れるおとが流れ、流れていく雲を眺める。

流れに身を任せる、その時間が心地良い。

 

目的地に着きたい気持ちとまだ乗っていたい気持ちが

ゴトゴト揺られている。

 

博多に降り立つと、都会のおとが待っている。

そのおとに包まれながら、都会に染まっていく。

 

それはそれで楽しいもんだ。

 

ヒールのついた靴を買い直した。

お祝い事や都会に行くときくらいしか出番はなさそうだけど、笑。

 

スニーカーを履く私。

ヒールを履く私。

どっちも私だよ。

 

あのとき、私は身にまとっているものの中を見ようとしなかった。

目を逸らしていた。

ゴトゴト揺れるおとに身を任せた。

 

それで良かった。きっと良かった。

 

そう言い聞かせながら、

またゴトゴト揺られて帰ってきた。

 

そして、和やかなおとが待っていた。

そのおとに包まれて、気がつくと身を委ねていた。