読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのおと

自然のおと、くらしのおと、感じること、表現すること。津屋崎という場所。

風のおと、波のおと、草花がゆれるおと、くらしのおと…津屋崎という土地で感じています。
感じたおとを表現すると、どういうかたちになるんだろう。
ゆるりと少しづつ始めていきます。

ぷかぷか

SUP(STAND UP PADDLE BOARD)の上で、

私はぷかぷか浮いている。

 

この大きな海の上で、ぷかぷか浮いている。

 

ボードと波がぶつかるおと

ざぶざぶとパドルが波をかきわけるおと

 

この大きな海の上で、遠くの島々を見渡す。

この大きな海の上で、澄んだ青空を見上げる。

 

足元は安定しないけど、それがまた気持ち良い。

ドキドキがワクワクに変わる。

不安定さもたのしみのひとつ、と感じるなんて。

 

たまにやってくる大きな波と、落水とのせめぎ合いが

まるで社会のように思える。

 

うん、波は穏やかで続いてゆく方がいいな。

 

この大きな海の上で、私は立っている。

この大きな海の上で、私は心を楽にする。

 

心と身体とぷかぷかおとに身を任す。

 

私はこの気持ちの良い脱力感に、幸せを感じている。

 

そして、また、ぷかぷか浮いている。