読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのおと

自然のおと、くらしのおと、感じること、表現すること。津屋崎という場所。

風のおと、波のおと、草花がゆれるおと、くらしのおと…津屋崎という土地で感じています。
感じたおとを表現すると、どういうかたちになるんだろう。
ゆるりと少しづつ始めていきます。

アラスカに想いを馳せる

何気なく入ったブックキューブリックで、

何気なく手に取った本。

長い旅の途上星野道夫

f:id:d-oto:20161104225946j:image

この本の言葉選びは、星野道夫さんの優しさ、雄大さ、暖かさ…

そういうぬくもりを感じる。

大自然やそこに住む動物、人のくらしが丁寧に書かれてあり、文章にするから整えている感覚はなく、人柄の良さが言葉に表れているように思う。実際そうだと思う。

 

それまで星野道夫さんを知らなかったし、アラスカも興味はあったものの「行ってみたい!」とまでは思ってなかった。

だけど、

この本を読んでからアラスカに行きたくてウズウズ(影響され過ぎw)

でも、

以前だったら、「よし、行くぞ!」って行っちゃうんだけど、

今は、アラスカへの想いを手元に残しておきたくて、もうしばらく温めておきたくて、すぐに行くぞとはならない。

想い続けている時間を楽しみたい。

何だかそんな気分。