読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのおと

自然のおと、くらしのおと、感じること、表現すること。津屋崎という場所。

風のおと、波のおと、草花がゆれるおと、くらしのおと…津屋崎という土地で感じています。
感じたおとを表現すると、どういうかたちになるんだろう。
ゆるりと少しづつ始めていきます。

秋月に行ってきました

何となくのこと

残った生クリーム消費のためバナナマフィンを焼く。

なかしましほさんのレシピで作るマフィンは、私好みのもそもそ感のないしっとりマフィンです。

あぁ、食欲の秋が加速中…。そろそろ運動の秋にシフトせねば…。

f:id:d-oto:20161121222502j:image

 

さて、朝倉市の秋月へ染色織物のアーティストである従姉を訪ねてきました。

従姉という関係ではあるものの、歳が離れている彼女の活動は思春期の頃の私に少なからず影響を与えたと思う。他に芸術系の親族は居なかったし。

国内外でファイバーアート展を開いてる彼女は、秋月にも縁があり数十年アートイベントをしていました。

今は、元博多織の工場だった建物で同じアーティストの作品を取り扱っているお店もしています。織物だったり、陶芸だったり、刺繍アクセサリーだったり…50人もの作家をサポートしています。

 

かつては城下町で栄えていた秋月。石垣の間を流れる川に面影を感じます。

f:id:d-oto:20161121222507j:image

 

彼女のお店はメインストリートの反対側。

適度に人の気配があり路地で雑談する人たち、ゆるい感じの楽しげなお店も多くて、

そこに居るだけでなんだかほっこりする空気が流れています。

 

秋月の自然に空気に癒やされる。

ゆっくり時間をとってまた来るね。