読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのおと

自然のおと、くらしのおと、感じること、表現すること。津屋崎という場所。

風のおと、波のおと、草花がゆれるおと、くらしのおと…津屋崎という土地で感じています。
感じたおとを表現すると、どういうかたちになるんだろう。
ゆるりと少しづつ始めていきます。

自然からくるおと

自然のおと、くらしのおと

複雑におとが絡み合うとき

私は心をほどけずにいるのかもしれない

 

おとを無数に感じるとき

私は隙間を埋めたくなるのかもしれない

 

一度に感じるたくさんのおと

 

私は弱く小さく何者でもないのだけども

それにさえ気づかずに

はびこるおとの鎧をまとっていたのかもしれない

 

今、私は作られたおとよりも

そこにあり続けるおとを感じることが増え

埋める行為よりも

抱く行為になりつつある(気がする)

 

それらは

海からくる風が呼んでくるおと、

山からくる鳥がさえずるおと、

川からくる水がはねるおと、

土からくる芽生えるおと、

空からくる雨粒が訪れるおと…

身近にある自然のおと

 

おとを抱き、私は温まる。

 

自然からくるおとは、

私を優しくさせる。

私を許してくれる。