読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのおと

自然のおと、くらしのおと、感じること、表現すること。津屋崎という場所。

風のおと、波のおと、草花がゆれるおと、くらしのおと…津屋崎という土地で感じています。
感じたおとを表現すると、どういうかたちになるんだろう。
ゆるりと少しづつ始めていきます。

夜の道のおと

自然のおと、くらしのおと

夜の道、帰り道。

ザブンザブンと背中に響く波のおと。

自分の足おとさえも遠くに感じる。

 

暗く静かな帰り道。

 

ポツンポツンと浮かぶ星。

空の、そこにある月。

 

とにかく暗い。

 

時々、通り過ぎる車のおと。

ヘッドライトの明かりが過ぎ去り

そして、また夜がやってくる。

遠くに見える街灯がぼんやりと道を照らす。

 

暗く静まり返った道のおと。

 

静寂は心を落ち着かせてくれる。

 

さっきまでのにぎやかなおとは

暗闇に包まれる。

夜は1日の終わりを運んでくる。

 

にぎやかなおとの余韻に

寂しいと思うのか、満たされたと思うのか。

 

今日言葉を交わした人たち、今日私を受け入れてくれた人たち、今日共に過ごした時間に感謝する。

今日出番がなかったもの、今日傷つけてしまったものにお詫びを述べる。

 

夜の道のおと。

また明日に向かっていく。